2017年10月22日 菊花賞(G1) キセキ

キセキ
父 ルーラーシップ(キングマンボ)
母父 ディープインパクト(サンデーサイレンス)
母母父 ドクターデヴィアス(トウルビヨン)
角居勝彦厩舎(栗東)
生産 下河辺牧場

レース回顧

1番人気のキセキが後方からの競馬で、前をまとめて差し切り快勝。若干後手を踏みましたが...道中は、比較的折り合いもついてましたし、鞍上の手綱捌きもさえてました。ルーラーシップ産駒の初G1制覇。 道悪での勝利がルーラーシップっぽいですね。


少し離れた2着に人気薄のクリンチャー。前崩れの流れと馬場状態が見事にハマった印象。いつも通りスタートで、二の脚がつきませんでしたが...結果的にハマりましたね。鞍上も上手く乗ったんじゃないかと。


ハナ差の3着にも人気薄のポポカテペトル。こちらも馬場状態が味方した印象。2着馬を交わせなかったのは、仕上がりの差じゃないかと。


4着 マイネルグランシュは、展開と馬場状態がハマった印象。切れ味勝負になると割引が必要かと。


5着 ダンビュライトは、早めに先頭に立たされる苦しい展開。まぁ...あれ以上、我慢させたからと言ってもキレる訳でもないので、持っている力を出し切ったんじゃないかと思われます。


6着 ミッキースワローは、道中で、あれだけかかってしまうと...流石に苦しかったですね...(苦笑)

7着 アルアインは、距離よりも馬場状態に泣きましたね。 パンパンの良馬場なら、もう少し頑張れたんじゃないかと。



単複でも良かったのですが...馬場状態が悪かったので、ヒモ荒れに期待をして馬券を買ったら、見事にハマりました。

上位3頭中2頭は、買ってるんだけど...外れたって言う人が多かったんじゃないかと思われます。

まぁ...大威張り出来る買い目でもないですが...レース後にたられば言って...大きなところを取り逃がすよりは、良かったんじゃないかと。