livedoorブログアプリの不具合と格闘しているねこパンチです。

アプリ開発班の方々のおかげで、日に日に不具合が減ってきてますけどね。

文字数制限の関係で世間話を省略して...2月18日(日)に東京競馬場にて開催されるフェブラリーステークス(G1)の過去5年の1-3着馬の傾向になります。

フェブラリーステークス(G1)
2018年2月18日(日)
東京競馬場 ダ1600m

簡易出馬表

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

データ分析

人気
2017年 2-5-1
2016年 2-1-7
2015年 1-5-3
2014年 16-2-1
2013年 3-9-7

過去5年で...1〜3番人気に支持された馬馬券圏内の9/15を占めております。故障明けの成績が振るわず人気が落ちていたコパノリッキー(2014年 1着)を例外と考えれば...基本的に人気馬が強い傾向です。コパノリッキーに関しては、翌年もフェブラリーステークスを勝ちましたしね。極端な穴狙いをするよりは、コパノリッキーの能力を見誤ってしまったと考えた方が良さそうです。

単勝オッズ
2017年 5.0-7.6-4.5
2016年 5.1-2.4-18.1
2015年 2.1-13.8-6.4
2014年 272.1-3.6-2.7
2013年 6.7-26.3-9.2

人気と合わせてになりますが...過去5年で...単勝オッズ1〜9.9倍馬券圏内の11/15を占めておりますので、基本的に人気馬が強い傾向です。

性別
2017年 --
2016年 --
2015年 --
2014年 --
2013年 --

年齢
2017年 4-7-5
2016年 4-4-5
2015年 5-5-5
2014年 4-5-6
2013年 5-8-7

過去5年で...4歳馬が3勝。5歳馬が2勝。馬券圏内の11/154、5歳馬が占めております。6歳以上で馬券圏内に入った馬は、G1もしくは、JPN1を勝っていた実績馬となっております。

馬番(枠)
2017年 3-9-10
2016年 14-7-4
2015年 4-14-10
2014年 13-15-11
2013年 2-6-10

脚質
2017年 差し-差し-追込
2016年 先行-追込-差し
2015年 先行-先行-差し
2014年 先行-先行-差し
2013年 差し-先行-差し

ペース次第では、番手あたりからでも残れる印象。

上り3F(順位)
2017年 35.6(3)-35.7(4)-34.9(1)
2016年 35.2(4)-34.7(1)-34.9(2)
2015年 36.2(4)-36.2(4)-36.1(3)
2014年 35.3(4)-35.1(1)-35.1(1)
2013年 35.9(3)-36.5(7)-35.9(3)

過去5年で...上がり3位以内の馬馬券圏内の9/15上がり5位以内(4位タイがいるので)が馬券圏内の14/15を占めております。ワンターンの競馬になりますので、最後の直線で、それなりに早い上がりを使えないと勝負にならなそうです。まぁ...リピーター傾向がありますので、得意なタイプは、滅法強い条件と言う事かと思われます。

前走着順
2017年 12-2-1
2016年 1-2-1
2015年 1-3-11
2014年 9-1-1
2013年 1-5-2

過去5年で...着外から馬券圏内に入った4頭は、全て距離短縮組で、そのうち3頭がゴールドアリュール産駒。レース別では、前走チャンピオンズCが2頭。前走師走S、東京大賞典が1頭ずつとなっております。まぁ...適性が異なる条件なら、負けていても大丈夫くらいのノリで良いかと思われます。

前走クラス
2017年 G1-G3-G3
2016年 G3-G1-G2
2015年 G2-G2-G1
2014年 OP-JPN1-G1
2013年 G2-G1-JPN1

前走距離
2017年 短縮-延長-延長
2016年 延長-短縮-短縮
2015年 短縮-短縮-短縮
2014年 短縮-短縮-短縮
2013年 短縮-短縮-短縮

過去5年で...距離短縮組馬券圏内の12/15を占めておりますので、基本的には、距離短縮組が強い傾向です。残りの距離延長組は、全てが前走根岸Sとなっております。

前走上り3F順位
2017年 38.5(13)-35.6(4)-34.5(1)
2016年 35.4(3)-36.7(2)-36.7(1)
2015年 37.5(2)-36.7(1)-36.9(9)
2014年 38.1(12)-38.4(1)-36.1(2)
2013年 37.3(2)-39.6(4)-37.3(2)

過去5年で...馬券圏内に入った10/15前走上り3位以内

4位以下は、以下の5回となっております。
2017年 1着 ゴールドドリーム
2017年 2着 ベストウォーリア
2015年 3着 ベストウォーリア
2014年 1着 コパノリッキー
2013年 2着 エスポワールシチー

ベストウォーリア(2017年 1着)を除く...4回が距離短縮組

ベストウォーリア(2017年 2着、2015年3着)を除く...3頭がゴールドアリュール産駒

コパノリッキー(2014年 1着)を除く...3頭が当年のフェブラリーSまでに同条件(ダ1600m)の重賞を制しておりました。

血統分析
サンデーサイレンス系
2017年 1着 ゴールドドリーム
2016年 2着 ノンコノユメ
2015年 1着 コパノリッキー
2014年 1着 コパノリッキー
2014年 3着 ベルシャザール
2013年 1着 グレープブランデー
2013年 2着 エスポワールシチー

キングマンボ系
2014年 2着 ホッコータルマエ
2014年 3着 ベルシャザール

フォーティナイナー系
2017年 3着 カフジテイク
2016年 1着 モーニン
2016年 2着 ノンコノユメ

ミスタープロスペクター系
2017年 2着 ベストウォーリア
2017年 3着 カフジテイク
2016年 3着 アスカノロマン
2015年 1着 コパノリッキー
2015年 2着 インカンテーション
2015年 3着 ベストウォーリア
2014年 1着 コパノリッキー
2014年 2着 ホッコータルマエ

レイズアネイティヴ系
2016年 2着 ノンコノユメ

ストームバード系
2016年 1着 モーニン
2016年 3着 アスカノロマン
2013年 3着 ワンダーアキュート

ダンチヒ系
2015年 2着 インカンテーション

ニジンスキー系
2017年 3着 カフジテイク

ノーザンダンサー系
2014年 3着 ベルシャザール

ヴァイスリージェント系
2017年 1着 ゴールドドリーム
2016年 3着 アスカノロマン

エーピーインディ系
2017年 2着 ベストウォーリア
2015年 2着 インカンテーション
2015年 3着 ベストウォーリア

グレイソヴリン系
2016年 1着 モーニン
2015年 1着 コパノリッキー
2014年 1着 コパノリッキー

ネヴァーベンド系
2013年 2着 エスポワールシチー

ボールドルーラー系
2013年 1着 グレープブランデー

レッドゴッド系
2014年 2着 ホッコータルマエ

ターントゥ系
2017年 1着 ゴールドドリーム

ロベルト系
2017年 2着 ベストウォーリア
2015年 3着 ベストウォーリア
2013年 2着 エスポワールシチー

セントサイモン系
2013年 3着 ワンダーアキュート

リボー系
2013年 1着 グレープブランデー
2013年 3着 ワンダーアキュート

ねこパンチの個人的な推奨馬
FullSizeRender
FullSizeRender